水没で横浜のiPhone修理を依頼する前に

近年のiPhoneは、防水加工が施されているので、水にぬれても大丈夫だと思っている人は非常に多く見られます。しかし実は防水だからと言って、濡れてもよいわけではありません。意外にも横浜のiPhone修理の中でも上位を占める故障原因となっているのが水没なのです。例えばトイレの時にズボンから落としてしまったり、おふろで使っている時に浴槽に落とした、食事中に飲み物をこぼした、プールや海などの水中に入れたなど、実は日常の中にはiPhoneが水没する危険性はたくさん潜んでいるのです。

大切なiPhoneが水没してしまった場合には、横浜のiPhone修理を依頼する前に、まずは自分ができることを確認することが重要です。まず最初に水没した時の確認方法としては、水没シールの確認をしてみましょう。iPhoneの内側には、水分が入ったかどうかを点検するシールが添付されているのがほとんどです。多くはiPhone修理の業者が確認するためのものなので分解しなければチェックすることはできませんが、ユーザー側でも確認できる場所がSIMトレーの挿入口です。

分かりにくいかもしれませんが、トレーの挿入口の中に貼られているシールが白いままの場合には、水分が入っていないということです。もしも赤く変色していた場合には、水分が侵入した可能性が高いでしょう。そしてディスプレイの確認も行います。画面の中に水分が侵入すると、表示がにじむ、変色などの変化が起こるため、これはシールよりも分かりやすいチェック方法と言えます。

そしてカメラのレンズも確認してみましょう。レンズの内側が曇っていたり、水滴が付いているようであれば、内部に水分が入った証拠です。万が一水没した際にどのような症状が発生するのかというと、電源がつかなくなったり発熱する、スピーカーの音楽がこもって聞こえる、撮影した写真が曇る、ディスプレイが正常に表示されないなどのことが挙げられます。水没させてしまったときに、横浜のiPhone修理を依頼する前にできることとしては、まずは電源を切りましょう。

密閉した容器に入れて乾燥材も一緒に入れて内部の水分を乾燥させます。ドライヤーなどを使用することはやめましょう。これらは応急処置としてできることであり、そのほかにも画像データをメールやクラウドサービスなどで保存しておいたり、メモ機能に記載している内容を実際のメモ帳に手書きで控えるなどのことも手早く行っておきます。これらを行い、復旧しないようであれば、横浜のiPhone修理を依頼することが求められます。

横浜でiPhone修理のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です