横浜でiPhone修理をする前の注意点

横浜は、言わずと知れた神奈川県最大の都市であり、iPhone修理などを行なっている激戦区となっています。横浜駅近辺や横浜中華街、赤レンガ倉庫などと出張や旅行で赴く方も多くいます。そんな中で、いきなりスマートフォンが壊れiPhone修理が必要になるということも考えられます。特に、県外から来ている方にとってはスマートフォンが正常に動かないと、電子マネーや連絡もできずに困ってしまうことになります。

そんな時に、すぐに修理に出すことも大切ですがiPhone修理の前に注意点があります。その注意点とは、連絡先をはじめとするデータのバックアップをとっておくことです。壊れていても多少動くようであれば、自分が使っている端末でGoogleアカウントと同期したり、iTunesやiCloudと同期しておきましょう。せっかく修理ができても、中のデータが全てなくなっていたとなることはできるだけ避けたい事態です。

iPhoneの設定によっては、自動でデータのバックアップをしてくれる機能もありますが、中には自動でバックアップをしないように設定を変更している可能性もあるので注意しましょう。しかしこの修理に出す前にバックアップを取れるのは、スマートフォンが動いている時という限定されてしまいます。逆に水没で電源がつかない時には、修理前のバックアップを取ることができないので、気がついた時にこまめにバックアップは取っておくと安心です。次に修理後に必要になる情報をあらかじめ、メモをしておきましょう。

必要な情報とは、AppleIDのことです。スマートフォンの機種変更をしたことがある方も経験したかと思いますが、端末が初期化され起動するとAppleIDの入力を求められます。そこで入力したIDが合致すると、今までバックアップしていた情報が初期化された端末や新しい端末に引き継がれるということになります。ここで正しい情報を入力できないと、先に進むことができず最悪の場合は認証が取れないことからバックアップが無駄になってしまうこともあります。

そのため、アカウントやログインパスワードはしっかりと修理前などに確認やメモをしておきましょう。スマートフォンの故障は滅多に起きることはありませんが、いつ起きるかわからず、現代社会では生活必需品のためなければ困ってしまいます。万が一に備えて、バックアップやIDとパスワードの管理は、しっかりしておきましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です