水没でスマホ修理横浜に依頼する前にやるべきこと

毎日の生活に欠かすことができないスマホが水没してしまえば、多くの人が焦ってしまうことでしょう。スマートフォンが水没した際には、スマホ修理横浜に依頼することが求められますが、その際にやってはならないこともあれば、やらなければならないこともあります。万が一スマホが水没してしまった場合には、スマホ修理横浜に依頼する前に、すぐにバッテリーを外すようにしましょう。すぐに電源を切れば大丈夫と思うかもしれません。

電源を切ってショートを防げると思う人も多いかもしれませんが、実はバッテリーの中には電気が残っていて、これが原因となり漏電やショートが発生する可能性が考えられます。すぐにバッテリーを取り外すことが重要ですが、万が一バッテリーの取り外しが不可能な場合には、すぐに電源を切るようにしましょう。次に行いたいことはSIMカードやSDカードを取り出すことです。これらはスマホの内部の金属端子と接続することにより、カードの中に入っているデータを読み込んでいます。

この金属端子に水分がつき、さらにバッテリーに残っている電気が原因となりショートすると、SIMカードやSDカードの故障やデータの消去にもつながります。さらなる被害を広げないためにも、これらのカードは速やかにとり出すことを覚えておきましょう。またスピーカーの穴など細かい部分の水分をしっかりとふき取ります。これらの細かい部分に残っている水分が内部に入ってしまうと、ショートや内部基盤の腐食などにつながる可能性があります。

スピーカーの穴、イヤホンジャック、USB端子など、細かいすき間に入っている水分をしっかりとふき取りましょう。綿棒やティッシュペーパーを細くして簡単にふき取ることができるので、ぜひとも実践させたいところです。これらを行った後にスマートフォンをしっかりと乾燥させましょう。スマートフォンの乾燥のさせ方は、天日干しでも十分に乾燥させることは可能ですが、これでは時間がかかり、直射日光によってスマートフォンが高温になる可能性も考えられます。

できる限り早く乾燥させるためにも、シリカゲルを利用することが求められます。シリカゲルとはどのようなものなのかというと、お菓子や海苔などの袋に入っている乾燥材のことを指しています。このシリカゲルとスマートフォンを密封できる袋に入れて、1から2日ほど放置しておきましょう。水分が蒸発することで袋の内部が結露してきますが、放置することでシリカゲルが水分を吸収してくれて、内部まで乾燥していきます。

このようにできる限りのことを行い、最終的にスマホ修理横浜に依頼することが求められます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です