24時間換気システムの費用を低く抑えるには?

###Site Name###

24時間換気システムは、建物内で常時吸気と排気を行い、新鮮な空気が室内に満たされた状態を常時維持するためにシステムで、現在では建築基準法によって設置が義務付けられています。

基準を満たすための換気システムを構築するには、建物内に24時間稼働できる吸気用・排気用のファン(換気扇)を設置するのが基本となります。



ただし、マンションなどの高気密な住宅以外では、窓や通気口などから自然に新鮮な空気を取り入れたり、お部屋の空気を排出したりすることが可能なので、必ずしも2つのファンで人工的に換気を行う必要がありません。

24時間換気に関する情報が幅広く集まります。

このため、一般住宅では、窓や通気口を設置して自然から空気を取り入れられるようにした上で換気扇で排気する「第3種換気」というタイプの24時間換気システムを導入することで建築基準法の基準を満たすのが一般的です。



とはいえ、一般住宅では設計上の都合から窓や通気口からお部屋にうまく新鮮な空気を取り入れられなかったりする場合も少なくありません。

また、24時間換気システムでしっかりと換気したいが設置費用やランニングコストを節約したい場合もあるでしょう。

こうしたときには、一台で吸気と排気を同時に行える「24時間同時給排気換気扇」をリビングやお部屋に設置するという方法もあります。
24時間同時給排気換気扇は省エネ性能が高い製品が多く、一台でお部屋の空気をしっかりと入れ替えることができて設置費用も比較的低く抑えられるので、ドアのアンダーカットができない居室に設置するのもお勧めです。

なお、24時間換気システムの導入については、経験豊富な建築士や工務店などに相談することでランニングコストや換気効率などを考慮して最適な提案をしてもらえるので、事前にしっかりと確認しておくことが大切です。